クロスバイク用に「Andobil 自転車 スマホホルダー」買ってみたのでレビューしていくぅ!

つい先日 我が家のかみさんがクロスバイクを購入したという記事を書かせていただきました。

かみさんが「Bianchi C Sports 1」を購入しました♪
はい!数日前に「2台目のクロスバイクを迎えることに」って記事を書きました。そゆことで かみさんのお好みが 「Bianchi C Sports 1」または 「Fuji Ballad」って事なので ワンチャン店舗在庫ないか...

そのBianchiのクロスバイクが本日納車されまして、我が家もクロスバイク2台体制に。

スポンサーリンク

まずはかみさんの装備品を揃えてみます

ということで かみさんはクロスバイク1年目で 私はと言えばクロスバイク6年目。

初めてクロスバイクを目にする彼女の場合

  • 荷物どこに積むの〜?
  • ライトどうすんの〜?
  • 椅子どんくらいの高さがいいの〜?

みたいな感じで疑問だらけ(笑

まぁそこらへんは 私としましても「通ってきた道」なので 自分の使っていたお下がりのサドルバックとかフロントバッグ。はたまたボトルケージなんかを 取り付けて一通り不便しない程度の装備にしてあげたのでありました。

以前はサイコンとかつけてたんですが

私の使っていた装備をあげてしまったので すっかり寂しい風貌になってしまった我が愛車。

まぁせっかくの機会なんで自分の装備品も買っちゃおうかなぁって(笑)

そんなこんなで 何を買おうか悩んだんですがぁ…

以前はサイコンとかつけて 走った距離が〜!とか 区間タイムが〜!とか獲得標高が〜とか 計測してたんですよね。

でも ある程度 地元の道を走り尽くしちゃうと それも飽きちゃって。

徐々に使われなくなったサイコンは…内部バッテリーが放電しすぎ状態になっちゃって 充電しても数分しか稼働しない「黒いガラクタ」と化してしまったのです😭

時間わからないの不便なんですよね

まぁ距離とか標高とかからは興味失せちゃってるんで サイコンがなくても特に困らないんですけれども。

自転車に乗ることに集中してたり いい感じのスピードで走ってるときって「いちいちスマホ取り出して時間を確認する」なんて行為もしたくないわけでして。
とはいえ腕時計をするという習慣もありませんし。

ということで!! 自転車用のスマホホルダーを購入することにしました!!

固定方法には保険をかけたい

「自転車という振動の多い乗り物 ×高価なスマホ」

もうこの字面を見ただけで「振動に耐えきれず 吹っ飛んでいくスマホ。地面に叩きつけられ粉砕する ガラス」っていう絵が浮かんできますよね(汗

スマホホルダーにも色んな固定方法がありまして。

まずはこんな感じのシリコンゴムで固定するタイプ。

そして ホルダーで固定するタイプ。

どっちも一長一短なんですが ただ一つ言える事は…
「どっか外れたら即 スマホが飛んでいく」
ってことなんですね(怖

購入したのはハイブリッドタイプ

ということで今回購入したのがこちら。

スマホを貼り付けてない状態がこんな感じ。左右+下の固定爪でスマホを固定できる作り かつ 裏からシリコンゴムで保険がかけられる作りです

スマホを取り付けるとこんな感じ。 iPhone SEでこんなサイズ感ですが シリコンゴムの上下を反転することで 6インチ以上の大きなスマホにも対応が可能だそうです。

自転車への取り付け部分はかなり頑丈なネジ止めクランプ。
ホルダーとの結合部はボールジョイントになっていますが ここの精度もなかなか高く 固定ナットをきつくしめれば かなりの力を入れないと向きを変えるに苦労する程度には頑丈に固定されます
(ナットを少し緩めれば自由に調整可能です)

実際にクロスバイクに取り付けた状態がこちら。
クランプ部分の調整幅が広いので ハンドル部分はもちろん ステム部分にも取り付け可能です。
ハンドル部分にライトやサイコンなどを装備していて 設置スペースがない場合でも取り付けられるのは嬉しいところです♪

別の角度から見るとこんな感じ。
語彙力のなさを承知の上で言わせてもらえれば
「ちょうどいい位置」
です(爆

実際に5kmくらい走って試してきました

まぁいかに頑丈そうだろうと ゴムで固定されていようと…
「実際走ってみたら 秒で吹っ飛んでイッた」なんて事も有り得る話でして。

とりあえず この状態で5kmほど試走してまいりました
(さきほどの装備写真はかみさんの ビアンキですが。実際に試してきたのはESCAPE R3です。だって…ビアンキのほうが商材写真が映えるんだもんw

んで 走ってきたんですね!!!

当方新潟県在住なので 冬の間に除雪作業なんかで痛めつけられちゃってるんで お世辞にも「きれいな路面」ではないんですよ。
普通に走ってても 自転車にはかなりの振動が来ます。
下り坂なんかで そこそこのスピード出してる時なんか 尻を浮かしてないと痔になりそうなくらいの振動です(笑)

でね…

ピクリともしないの!!!

こういうのってイメージ的には「路面の振動でスマホはガタガタ揺れまくってますが…大丈夫!!! はずれてませんよ♪」って感じじゃないっすか?

でもね

ピクリともしないの!!!

たぶん重心とか固定方法とかが考え抜かれてるんでしょうねぇ。
「え?自転車にハメ込んでるの?」ってくらいの勢いで まったく揺れません。 こりゃすげぇわ(汗

スポンサーリンク

まとめ

ということで スマホホルダーってぇものには一抹の不安があったんですが 今回購入したAndobilのスマホホルダーは むちゃくちゃ良い買い物でした!っていうお話でした。

でね…距離とか速度とかに興味なくなったはずだったのに

スマホ搭載したらまた記録し始めてしまったという本末転倒なお話でした(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました