iPadのタッチパッド使用時「タップしてクリック」で誤爆を防ぐ方法(Magic keyboardや Folio Touch用)

2 min 191 views

M1搭載などでもはや世間の下手なWindows PCの性能を凌駕し始めたiPadシリーズ。

我が家でもつい先日までは第6世代のiPadという「旧世代」を使っていたのですが、ついに買い替え。

iPad Air 第4世代(2020年モデル)とLogicoolのFolio Touch 及びApple Pencil(第二世代)で完全体iPadを楽しんでおるわけでございます。

もちろん「パソコンでできることはすべてできます」なんて言う都合の良い話ではありませんが、普段のPC生活の8割くらいは代替できる程度には便利な組み合わせでして所有しているMacBook AIrは「いざと言うときだけ」ぐらいの勢いで活躍してくれているんですが‥

スポンサーリンク

タッチパッドを押すには力が必要

普段MacBook Airを使っているとそのありがたみがわからないのですが、Airのタッチパッドって「実際は押してないのに押したっぽい振動をしてるだけ」なんですよね。ちょっと前のiPhoneのホームボタンも同じ構造。

あれって物理的に押してるわけではないので、かなり軽いタッチで反応してくれるわけですが‥

Magic KeyBoardやFolio Touchのタッチパッドは「物理的に押し込む」タッチパッドなのでそれなりに指先に力を入れないといけません。

Magic Keyboardに関しては3万超えの超高級キーボードですからまだマシですが

Folio Touchなんかは結構指先に気合を入れてクリックしないと反応してくれません。

んで、もちろん解決策はあるんですけどね

タップでクリックを有効にする

そこらへんの「力いれて押したくない勢」のために、iPad OSには解決策が用意されています。

設定⇨一般⇨タッチパッド⇨タップしてクリックをONにすれば力を込めて押さずとも軽くタッチするだけで「クリック」と認識してくれる機能です。

これに慣れちゃうとお手軽すぎてもう「普通の押し込み」には戻れないほど便利なのですが‥

スクロール時に誤爆してクリックしちゃうんだよ(涙

ところがMagic Keyboardにしてm Folio Touchにしても、タッチパッドの性能が良すぎて「逆に感度が良すぎる」状態でして。

特に起こるのが「二本指でスクロール時に一瞬だけ触れた指先がクリックと認識されてしまう」という現象。

たとえば「Youtubeアプリで検索結果を見ながら見たい動画を探してる時」なんかに、たまたま指の触れ方がおかしかったりすると意図しない動画が再生されちゃったりなんて事が日常茶飯事に起こるわけです。
健全な動画ならまだマシだけどあっち系動画だったら大惨事が起こるやつです(ぇ?

「クリックで指力は発揮したくない」 vs 「誤クリックうぜぇ」

その狭間で揺れる乙女心(違

解決策はこちら

ということで色々と検索してみたのですが意外にヒットしないんですよねぇ。困ってる人いないのかしら(涙

キーワードを変えたり色々試行錯誤してみた結果。やっと解決策を見つけたので図解しておきますね。

①設定⇨②タッチ

③アクセシビリティ⇨④タッチ調整

④タッチ調整をON⇨⑤持続時間を自分好みに合わせる

以上で「触れただけでタッチとみなされる」現象からは解放されます。

スポンサーリンク

まとめ

もちろん弊害もありまして「結構しっかりめにタッチしないとクリックとして認識されない」ので、むっちゃせっかちな人には逆に障害になる可能性もございます。自分の好みに合わせて色々調整してみてくださいませ

ということで今回!この設定をしたのちに iPad Air&Folio Touchでこの記事を書いていますが 誤爆も皆無でかなり快適に執筆できております。

タッチパッド界隈で誤爆に悩んでいる方は一度お試しあれ♪

以上 とまじぃがお送りしました(^_^)v

スポンサーリンク
カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です