3000円の激安中華スマートウォッチを買ってみた|Funtic Q9 Pro

当ブログのリンクには広告が含まれている場合がありますが 記事内容は忖度など一切ない内容となっておりますので安心してご覧下さい😀
  • URLをコピーしました!

ちょっと前の記事でもお伝えした通り Macから足を洗ったついでにスマホもGoogle Pixel7に乗り換えたとまじぃです。

定価8万円超の機種ですが AhamoからUQモバイルにMNPしたら14400円で買えちゃったわけですけれども そこらへんはまた別のお話。

目次

Pixelが胸ポケットに入らないので

そんなこんなで Pixelとの生活が始まりました。

こいつに乗り換える前はiPhone 8を使っておりまして大きさは4.7インチ。作業着の胸ポケットにもギリギリでしたが入るサイズでございました。

ところが今回のPixel 7。なんと6.3インチ!!!

もちろん胸ポケットには入らないのでズボンのポケットかはたまた作業着のサイドポケットに入れることに。

しかしここで問題が…

基本的に騒音が激しい場所で働いているので着信音なんかはまったく聞こえませんから バイブレーションだけが頼りなんですけれども 胸ポケット以外だと振動してるのがわからないんですよね(涙

おまけにPixel系ってiPhone系より振動弱めなんでなおさら。

ということで手元で通知がわかるようにと言うことで スマートウォッチ機能というより「着信を知るためのツール」としてスマートウォッチを購入しようという運びになったというわけです

激安中華ウォッチでいいでしょ?

スマートウォッチと言えば Apple Watchとか

Pixel Watchとか

Huawei Watchなんかもあったりしますが

どれも3万円超え!!!

私の職場の場合 電動工具なんかも多用しますし 火花なんかも飛んでたりするんで 3万円なんていう機種を買っても、デビュー初日にガラス割れちゃうなんて確率がゼロとは言えません…。

そもそも 通知さえ見られればいいんで 色んな高機能とかいりませんから 3万円も出す気はございません。
(っていうか14400円で買ったスマホの通知を30000円の機器で確認するのも本末転倒w)

ということで Amazonで中華製の怪しいスマートウォッチを物色していたのですが…

3~4000円くらいで似たような機種が山のようにヒット。過去に買ったアクションカメラなんかもそうでしたが「まったく同じ形・同じ機能の機種が多くのメーカーから発売されている」っていうのは激安中華ガジェット界隈では日常茶飯事。下手すると一ヶ月後にはメーカー自体が消えていたり 数カ月後には対応アプリがDLできなくなってたり(笑) そんなスリリングな世界がここにあるわけです(笑)

Funticのスマートウォッチをゲット

色々ありすぎな上にサクラっぽいコメントとかもありすぎて どれが当たりなのかなんて判別不可能。

ということで直感と1000円オフクーポンが付属していたのを理由に Funticというメーカーのスマートウォッチを購入することに。

ちなみにこの機種。Q9 Proという機種なのですが Amazonで検索してみたところ…

明らかに同じ機種が1ページ内に10台以上wwwwww

まぁ逆に考えれば これだけ色んなメーカーから発売されていれば どこかの会社が潰れてもサポート自体は止まらない可能性が高いということです(ポジティブシンキング)

こいつ…意外に使えるぞ?

そんな感じで注文した翌日には配送されました。さすがAmazon プライム♪

って事で腕にはめてみましたが 思っていたより全然チープさはなく 普通に「スマートウォッチ」って感じです。

3000円程度なので リュウズ(右のポッチン)で操作するのかなとか思ってたんですが普通にタッチパネル。上下左右にスワイプすることで色々な機能を呼び出せます。

一個一個説明していくと長くなるので一括で画像を貼っておきますが これでほんとに3000円?ってくらいには多機能。

  • 体温
  • 万歩計
  • 心拍数
  • 血中酸素濃度
  • 睡眠トラッキング
  • 天気予報

といった感じで いわゆる「活動量計」としての機能は一通り網羅

これがデフォルトのメイン画面なるわけですが 前述のデータの殆どが一望できます。
(腕から外して撮っているので体温は表示されていません)

ちなみに…真ん中の赤いグラフはイルミネーションみたいな感じで動いてるだけで特に意味のないグラフの様です(笑)

そしてメイン画面から左にスワイプするとそれぞれのデータの詳細画面にアクセスできます。睡眠データと天気予報以外はメイン画面で確認できるので見る機会はそんなに多くないかも?

右にスワイプすると運動関係のメニューが登場。運動モードもウォーキングやランニングはもちろんのこと なわとびやバドミントン・卓球など多種多様な種類に対応。運動前にスタートを押して終了時にストップを押せば消費カロリーや位置情報(ウォーキングやサイクリングなど)も記録してくれます。

あともう一つ。コロナなご時世ということで血中酸素濃度も計測できるのですが…

97%と表示されているので まぁまぁ正確なんだと思います
(正常値は96~99%くらいとのこと)

ちなみに血中酸素濃度は常時計測ではなく手動での計測になっています。

下にスワイプすると各種設定画面。アラームのオンオフや画面の明るさ その他設定などが行えます。

ちなみに左下のスマホマークみたいなやつは「スマホを探す」機能。これを押すとスマホから音楽が流れて在り処を教えてくれます。家の中でスマホが行方不明になって 家族に「ちょっと私のスマホ鳴らして!!」っていう アレをやらないで済む機能ですね。地味に便利です。

そして上にスワイプすると スマホからの通知一覧が表示されます。通知されるアプリはスマホ側で取捨選択できるので重要な通知だけ受け取る設定にももちろんできます。

メイン画面はスマホ側から着せ替え可能。デフォのメイン画面は情報が一覧できますが シンプルなメイン画面の場合は前述の「スワイプでのデータ確認」を多用することになります。選択はお好みで。

そして スマホ側のアプリでも様々な情報は確認できまして

一日の体温や心拍、レム睡眠ノンレム睡眠まで記録してくれます。

3000円でこれだけ機能あるなら…買いじゃねぇ?

バッテリーも普通に長寿命

スマートウォッチという機種なので「常に身につけている」わけですから バッテーリーのもちがわるかったりしたら それは致命的欠陥。

ということで数日使ってみての感想なのですが…

100%充電して24時間つかって92~3%

この感じだと充電しなくても10日くらいは大丈夫そうです。

ただし私の場合「腕をあげたら画面表示」という機能をオフにしてあります。結構仕事中に腕を動かすのでその度に画面表示されちゃうとウザいので。

つまりは能動的に見たいときのみ「画面表示」という使い方での残量って事ですね。

なので利便性に全ふりして「腕を上げたら画面表示」をONにした場合は もうちょいバッテリーの減りは速いかもしれません。

とは言え…一週間くらいは普通にイケそうな気がします。

ちなみにこのスマートウォッチ。IP68の防塵防水なので普段の生活では水に関して気にする必要はまったくございません。ただ 風呂みたいな高温多湿な場所は避けたほうが良いとのことなので。

風呂に入っている間に充電(2~30分?)するだけで 毎日フル充電に戻ってくれるくらいなノリの運用になる感じです。

3000円 激安スマートウォッチのデメリット

褒めてばかりだと胡散臭くなっちゃうので 気になった点も書いていくのがフェアって事で 2点ほど述べていきます。

ただし 自分の場合 高級なAppleウォッチなどは使ったことがないので 今回の「デメリット」が激安ウォッチ特有のものなのか それとも スマートウォッチ全般に言えることなのかはわかっておりませんのでご了承ください。

バイブ弱め

腕時計タイプという小さな筐体ですし バッテリーに負担もかけたくないだろうし と色々な理由はありそうですが バイブレーションはそこまで強くはありません。

運転中とかデスクワークであれば全然気付ける強さですが 強めの運動中とかハードな作業環境とかだとバイブに気づかない可能性は高いかも。私の場合も 仕事中は電動工具とか使っちゃってるんで かなりの確率で気づきません(笑)

そういう環境の方は 「バイブで気づく」よりも「定期的に確認」する方向で使用したほうがいいかもしれません。

スマホのバッテリーは多少減る

これに関しては 一般的なスマートウォッチがどうなのかわからないので デメリットといえるかどうかわからないのですが。

GrolyFitという専用アプリを入れる必要があります。

GloryFit
GloryFit
開発元:维 韦
無料
posted withアプリーチ

通知系をつかさどっているので このアプリを「常駐」させておかないとイケないんですよね。

「常駐」の文字通り 「常に起動」しておかなければならないので 少なからずバッテリーの減りは速くなります。

体感的には「アプリいれてない時より5%くらい減るかな~」くらいのノリ。

普段帰宅時に70%残ってる人だったら65%くらい?な感じかな?

そこまで強烈な「バッテリー喰い」ではありませんが 容量少ないスマホ使ってる人にとってはちょっと辛いかも?

「睡眠」の判定がシビア

睡眠をトラッキングしてくれる機能はあるのですが 判断条件が加速度センサーと心拍なんですね。

なので寝相が悪いとか酒のんで心拍上がってるとかの条件が重なっちゃうと「寝ている」という判定をしてくれない事も多々。

私の場合も22時とかには寝床に入るのですが 「寝た」と判断されるのは早くて23時すぎ。夢見が悪くて寝返りうちまくってる日なんかは2時くらいまで「起きてる」判定されちゃったりします。

逆に「起床」に関しては 活動時間が数分以上になれば起きたと判定してくれるのでそこそこ正確です
(夜中のトイレなどは一時起床として扱ってくれます)

睡眠時間のために見るというよりは レム睡眠ノンレム睡眠の周期を見るために利用したほうがよさそうです

まとめ

ということで今回購入した 実質2700円ほどのスマートウォッチ。

どうせおもちゃだろうとまったく期待していなかったのですが 普通に実用的なので 毎日肌見放さず利用しております

耐久性やバッテリー寿命なんかは 長期間つかってみないとなんとも言えませんが…まぁ3000円しないんで 万が一ハズレだったとしてもダメージは少ないですからね(笑)

ということで スマートウォッチや活動量計に興味があるけれど さすがにAppleウォッチとか高すぎるしなぁ~なんて躊躇してる人は試してみてくださいませ♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次