「MacBook Air(M1)の互換性は? 周辺機器&フリーソフトや非定番ソフトなど

注文から約一週間半。ついに我が家に MacBook Air(2020,M1)が到着いたしました。

噂に違わぬ「モンスターマシン」で動画編集など重い作業も余裕でこなしてくれる心強い相棒となってくれました。

ただし、今回intelから自社SOCであるM1チップになったことにより、動かなかったり動作が遅いソフトや、周辺機器などもまだある状態。

ということで、私が所有している機器や普段遣いしているフリーソフトなどをM1 Macで動かした際の動作状況などを「随時追記」していく記事とさせていただきます。

「M1 Mac買いたいけど 互換性の面でちょっと不安だな」なんて方の参考になれば幸いです

スポンサーリンク
目次

ソフト編

Inkscape

オープンソースのベクター系グラフィックソフト。
いわゆるIllustrator的なことができるのでロゴ作成などに重宝する。

M1ネイティブは用意されていないのでRosetta2経由での動作になるが我慢できる範囲。
Windows版などにくらべるとさすがにヌルヌル動作とは言えないが、まぁロゴを作るくらいなら耐えられるレベル

GIMP

こちらもオープンソースのラスター系グラフィックソフト。
過去には「プアマンズ フォトショップ」と言われるほど多機能。

こちらもRosetta2経由での動作となるのだが…

鉛筆ツールなどで描画するとワンテンポ遅れて軌跡が着いてくるくらいの感じなので「描画」に使うならやめておいたほうが良いレベルの重さ。

切り抜きや補正などの加工であれば重さはあまり感じないので「画像編集用途」であれば普通に使えるレベル。

ClipStudio Paint

お次はお絵かきの定番ソフトであるClipStudio。
5000円という低価格ながら 漫画やイラストで使う機能はほぼ網羅しているという絵師御用達のソフト。

こちらもRosetta2経由での動作だが、動作速度は十分。
お絵かきにも十分な反応速度。

ただし ワコムのタブレットが現在 M1 Macにはまだドライバを提供していないので「お絵かき」をするのであれば ワコムの対応待ち

ドライバ対応状況を逐一チェックしておきましょう

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる