Apple Pencilを買ったら「過放電」で使えなかった話


我が家には過去に数々のiPadが存在したのですが、
なんだかんだで 手元に残っているのは「iPad」通称「無印」ってやつ。


高性能なProやAirとかも買ったんですが、タブレットにそこまでの性能を求めてないので結局「高く売れるうちに売ってしまう」んで手元に残らないんです(笑)


そんなわが家の iPadですが ここしばらくは、ネットワーク
カメラ用のディスプレイとして使われておりました。

認知症の義母が何をやらかすかわからないので 家中にネットワークカメラを設置して監視用のモニターとして大活躍してましたので。

そんな事情だったんですけれども、年明けからそっち系の施設に長期間お世話になれる事になり iPadの活躍の機会も終わりを告げることに。

んで!久々にiPadが手元に戻ってくると

Apple Pencil 欲しいなー。なんて思うわけですけれど…
でも新品高いしな 〜。


って事で 中古のApple Pencilを買ってしまった
のが今回の悲劇の始まりです(涙

スポンサーリンク

むっちゃ不安定なApple Pencil

見た目は傷ひとつなし、ほぼ新品と言って良い程度の美品。

新品であれば12000円ほどのApple Pencilですが 今回の中古のApple Pencilは新春セールだったこともあり 6100円にて入手。


これだけ美しければ。不具合なんか絶対にないでしょ?と iPadに差してみたのですが・・

  • 「ペアリングしますか?」と表示されるので、「はい」を押そうと
    する前に表示が消える
  • 運よく「はい」 が押せても接続が切れる
  • しようがないので、 iPod直掩しをやめアダプタで充電
  • よし 100% 充電完了(嬉
  • 抜いた途端に 1%に戻る。

実はこれ過放電という状能

ハードオフとか有名どころの中古ショップであれば、それなりの処置をしてから売り出すので問題ないのですが、今回はちょっとマイナーなショップでの講入。
実はApple Pencilって「過度に放電するとバッテリーが死ぬ」
と言う特性があります。


iPadとペアリングされている状態だと「常に接続先との状能を確認している」ので、バッテリーは常に
減っている状態。
iPadとのベアリングを切った状能であればバッテリ消費は
少ないのですが ペアリングされたまま売りに出されると
「接続先を探し続けるApple Pencil」は、あっと言う間に
バッテリーを消費し….
ショーウィンドウの中で 「ただの高価な白い棒」になって
しまうのです。

ちゃんとした中古ショップであれば「ペアリングが解除されているか確認してから売りに出す」のでしょうが、今回の場合は「ペアリングされたまま数ヶ月放置されて バッテリー逝っちゃいました」状態だったものと思われます。

スポンサーリンク

まとめ

色々手を打ってみたもののどうやら完全にバッテリーが死んでいる模様。
世間の事例を見ると「一晩充電したら回復した」なんてパターンもあるようですが どうやらそれは稀有な例らしく、十中八九は復旧できないらしく。

ノートパソコンなどであれば「バッテリー切れ」であっても保証が効かないってのは常識ですけれども Apple Pencilの場合「バッテリーが切れてたらまったく使えない」事になるわけですから これは完全に返品対象。

店舗に問い合わせたところ 動作確認の後 返品に応じてくれるそうなので 明日対応してもらいに行ってくることとなりました。

そんな感じで〜。

中古でApple Pencilを買おうと思ってる人は 現地で動作確認してから買ってくる事をおすすめいたします。

Apple Pencilを購入しようと思ってる人は…新品買っといたほうが余計な心配しなくてよいでのそっちの方が良いかもね(自戒を込めて

万が一中古で買おうと思ってる人は…可能な限り「店で動作確認」してから買ったほうが良いと思います。

以上!! 新年早々に中古品購入で 初めてハズレを引いて ショックが隠せないとまじぃがお送りしました😁

コメント

タイトルとURLをコピーしました