結局M1 MacBook Airを注文。Airに決めた理由などをツラツラと

はい!ということで!!!

買おうかどうしようか~なんて悩んでたMacBook Airですが、ついに注文しちゃいました。

延々と「買おうかな~どうしようかなぁ~」って悩んでおりましたら
「そんな悩んでる暇あったら、とっとと買ってしまってMacBook Airの記事書いたほうがアクセス集まってウハウハになるんじゃないの?」とうちの奥様に背中を押されまして(笑)

ガジェットブロガーの心意気ってやつをまさか嫁様に教えられるとは夢にも思ってませんでした。

ということで1~2週間後の納期なので、到着まではまだ先。

とりあえず世間のレビュー記事やレビュー動画をくまなく見た上で「1番安いMacBook Air」を選んだ理由をツラツラと書いていきたいと思います。

広告

Airでも桁外れな性能

ベンチマークなどは各所で報告されているのでそちらを見ていだければわかると思うのですが

「旧ザク最強~!って行ってた戦場にいきなりZガンダム投入した」くらいの性能なわけですよ(笑)

過去の4~50万円のMacBook Pro 16インチに 今回の最廉価版MacBook Airが勝ってしまうという下剋上の極み。

たとえるなら
「シャア専用機のザクより量産型ジムの方が性能上!!」的な構図(違うかもw)

おまけに今回発売された Mini、Pro、Air に関しては同じCPUを積んでいて、違いは「冷却性能とバッテリー容量だけ」(Miniはバッテリーではありませんが)

そのバッテリー容量に関しても「Airでも18時間」(Proより2時間短い)という稼働時間ですので、寝てる間に充電しておけば「一日中コードレス」で使える容量なんですよね。

MacBook Proの方がいいんじゃないの?

次に「MacBook Pro」にしなかった理由。

これはもう完全に「Airにファンがない」という点!!

今回のM1 Macに関しては「ファンありのProでも結構静か」とは言われてますが、極端な例として「動画書き出し中の暇つぶしにYoutubeを見る」みたいな過酷なことをすれば さすがにファンが回るだろうと。

集中してる時の「ファン音」って結構耳障りなんですよねぇ。特にDTMとかやってる時は。

でも「ファンがないと熱くなった時にパフォーマンス落ちるんでしょ?」って思いますよね。

それに関しては「もちろんAirの方が性能が落ちる」っていうのはこれも各所で紹介されています。

ただし差が出るのは・・・・・。
「フルパワーで20分くらい稼働させてから」

今回のM1チップの場合 4K動画でも動画の長さの半分くらい。つまり20分の4K動画であれば10分程度で書き出しが出来てしまう性能です(エフェクトやカラースケールにもよりますが)

となると・・・・40分くらいの動画を書き出してからやっと差が出る

ということになるわけです。

私の場合ガチのYoutuberでもありませんし、Youtubeにあげる動画などはせいぜい長くても10分程度。

そうなるとProほどの性能はいらないんですよね~。

ほしいのはフェラーリじゃなくて「そこそこのホットハッチ」

M1 Macに関して都合の良い話ばかりしてきましたが、異次元の性能・・・とは言え i9版のiMacやMac Proにはさすがに敵いません。

とは言うものの 今回のM1 MacBookたちに勝っている i9版のiMacを例にとれば

税込みで30万を超えてくる機種。

そんな「高級機」に「10万円で買えるAir」が肉薄してるってすごく夢があるし未来感がありません?

おまけに この高級機たちは「本気出したらファンの音が轟音」ですが、MacBook Airは「無音」です。

たとえるなら イニシャルDのブラインドアタックみたいなもんです(違

私が欲しいのは「300km出せるけど爆音&使い勝手が悪いフェラーリ」ではなく「小回り効いて荷物も積めるけど ワインディングロードどでは小気味よく走ってくれるホットハッチ」なんですよね。

アバルトとか好き!(話の趣旨が変わってるw)

広告

まとめ

とまぁそんな感じで!

悩みあぐねた結果(とはいえ3~4日ですが) M1 MacBook Air購入の運びとなりました。

まだまだ「海の物とも山の物ともつかぬ製品」なんで 不具合とか互換性とかの面では色々と問題が多発するとは思いますが。

そういうのを一個一個解決しながら自分の環境を整えていくって行為は 初期のwindowsの頃を思い出し、逆に楽しくなって来ております(笑)

あと一週間強で届きますので 色々試して記事にしていきますのでお楽しみに♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました