2000円台で買える激安Apple Pencil(もどき)買ってみた♪

毎度どうも とまじぃです!!

わたくしガジェット好きということもありまして、iPad Proも新旧複数台所有してましたし、Apple Pencilも第一世代&第二世代を所有しておりました。
(新しい方のProとApple Pencilはもう売っちゃったんで手元にないけどねw)

広告

漂いまくる「分不相応感」

とは言え iPad Proは高級機ということもあり

  • iPad Pro 本体→94000円程
  • Apple Pencil(第二世代)→15000円ほど

両方合わせると11万円超というかなりの高額になってしまいます。

絵がむっちゃ上手いとかイラストを職業としている様な方ならこの金額も惜しくないとは思いますが、わたしなどは「描けないことはないけれど模写程度が限界」な画力。

それに11万円の機材使ってるって・・・・「豚に真珠」的な分不相応感を常に感じていたんですよねぇ(涙

いや11万円の機材で真面目に絵の練習して、上手くなるなら全然価値のある事だとは思うんですが、私の場合飽きっぽいのでそこまでツッコんで練習もしてませんし(笑

安い組み合わせにしてみました

ということで 一番最初に触れたとおり、iPad Pro(新しい方)とApple Pencil(第二世代)は高く売れるうちにハードオフに売っぱらいまして。

もう1台のiPad Pro(初代9.7インチ)は娘が使っているので、もう一台余っている 第6世代iPadを引っ張り出して来ました。

現在発売されているiPad(第8世代)は私の持っている第6世代より5000円以上安くなっている上に CPUが2段階上(iPad Air並)になったそうで。いい時代になったものです。

このiPadが3万円台なので、これに1万円のApple Pencilを組み合わせるというのもこれまたある意味分不相応。

ということで今回!!!

3000円以下で買えてしまう「中華製激安Apple Pencilもどき」を購入してみました(笑)

Apple Pencilもどきの詳細

とりあえずいくら中華とは言え、ハズレを引いてしまうのは嫌なので「iPad ペン」で検索して Amazon’s Choiceに出てくるものを買ってみました。

KINGONEというメーカーの製品で、レビューもそこそこ多数&高評価。

同メーカーから何種類か出ているのですが、解説だけだと違いがよくわからないので、2700円で買える一番安いやつを買ってみました。

一瞬見ると「Apple系っぽい白くてカッコいい箱」ですが、左上に堂々と「MADE in CHINA」の文字が光ります
f:id:tomag:20200929123427j:plain

箱を開けるとこんな感じ。ペン本体と充電用ケーブル(USB-C)が同梱されています。
ACアダプタは付属していないので、スマホ用を流用するかPCなどに刺すかの二択ですね。
f:id:tomag:20200929123604j:plain

説明書などを除けば同梱物はこれだけ。替芯が3個入っているのはポイント高いところですな。
なんかこの替芯。純正のApple Pencilの替芯と酷似してるので、もしかしたら流用できるのかもしれませんが、確認してないのでもし確認できたら追記します。
f:id:tomag:20200929123905j:plain

充電時はシンプルに「アダプタを挿す」だけ。
1分の充電で30分、25分の充電すれば10時間稼働。なおかつ自動スリープ&自動電源OFF機能もあるので 一度充電すれば一日中使えると考えてよいと思います。
たまにしか使わない人なら数週間イケるでしょうし、ゴリゴリ使う人は「寝てる間に充電」すれば、「充電切れ」に悩まされる事もありません。
f:id:tomag:20200929124127j:plain

使い始めるときには、シャープペンみたいに端部をタップしてあげると青色LEDが発光して電源が入ります。1分放置で自動スリープ、25分放置で自動電源オフになるので使っていない時は充電を消費しないため、数値上の「連続稼働時間」は10時間となっていますが「休んだり考えたりする時間」を加味すると普通に1日使えるって感じですね。
f:id:tomag:20200929124622p:plain

実際の描き味

実はこのペン。Apple Pencilとの最大の違いとして「筆圧非対応」が挙げられます。

ロジクールのCrayonというペンがあるのですが、機能的にはこれと全く一緒。
(とは言えCrayonは8000円くらいですがw)

Apple Pencilと違い「ペアリング」という概念がありませんので、ペンの電源さえ入っていれば誰のiPadでも書き込めます。

実際筆圧に対応してないのはどうなのかな?なんて思ってましたが、わたしくらいの「特に絵が上手くない人」の場合、逆に「筆圧」のせいで線の太さが不安定になっちゃったり、文字が太かったり細かったり・・・なんていうトラップにハマってしまう事も多々あったりします(笑)

例えて言うなら

  • Apple Pencil → 筆ペン
  • Crayonや激安ペン→ボールペン

こんな感じじゃないでしょうか?

本格的な筆字や水墨画などを書くのであれば筆ペンの方がクオリティ高い事ができますが、普段のいたずら書きやメモなどはボールペンで困ることはありません。

気軽に書くのであれば2700円のこのペンでもなんら問題ない感じ。

ちなみにこのペン。Apple PencilみたいにBluetoothで通信をしたりもしていないので、遅延がまったくありません(ソフト側の処理遅延は除く)

筆圧対応していない以外は まったく純正pencilと遜色ない描き味なのは間違いありません。

Procreateでなぐり書きしてみた

ということで iPad用のお絵かきソフトで「録画機能」が搭載されているProcreateでサクッとなぐり書きしてみました。

www.youtube.com

筆圧での入抜きなどは表現できませんが、ペンの編集で入り抜きを設定してやればどうにかなる感じもあります。

そして動画はありませんが ClipStudio(for iPad)でも試してみたところ、筆圧以外の・・・なんかペンを抜く時のスピード?みたいなのを監視しているらしく、筆圧対応していないこのペンでも「ハラッたら先端が細くなる」のは確認できました。
f:id:tomag:20200929131045p:plain

安いわりに意外に使えるじゃんこいつ(笑)

広告

まとめ

といった感じで、記事の冒頭では11万円の機材を使っていた私は。

iPad →38000円

安物ペン → 2700円

という組み合わせで、合計4万円の組み合わせになったのでありました。

お値段約三分の一ですが・・・・。

ガチ勢でなければ全然この組み合わせでも満足できると思うので、一度お試しあれ♪

とは言え・・・一度 Proと純正Pencilを体験しているからこそ「たいして変わらない」って言えるんであって、激安ペンから入っていたら絶対純正欲しくなるんですけどね(笑)

↑↑
Pro・最新Air以外のiPadは対応している純正Pencilが第一世代ですので買う際はお間違いのないようお気をつけくださいまし♪

広告