新MacBook Air!既存のすべてのMacより速い事が判明(汗

連日Macネタばかり書いてます とまじぃですおはようございます。

いやいや。ガジェット界隈にとってはそれだけ大きなニュースだって事なんで許したってください(笑)

ということで今回のネタなんですが・・・Airのくせに!!(のび太のくせに的なノリでw)ってお話です。

広告

M1版MacBook Airのベンチマークが発表されました

昨日の夜中にツイッターやら大手ガジェット系サイトで発信されていて確認したのですが、M1版MacBook Airのベンチマークスコアが発表された様です

GeekBenchのスクショを撮って来ましたので貼っておきます

シングルスコアが1732。マルチコアのスコアが7545という数値になっています。

これだけ見てもどうすごいのかわからないでしょうし、過去のMacとの比較を見てみましょう。

シングルコアのベンチマーク

シングルコアのスコアに関しては 今回発表されたM1版のMacBook Pro 及び MacBook Airが i9版のiMacを大きく引き離しています。
かつて世間を騒がせた iMac ProやMac Proに関してもシングルコア性能は1100程度なので、今回のM1チップの桁違いの性能がわかりやすい結果となりました。

マルチコアのベンチマーク

続いてはマルチコアでの性能。シングルコア時の性能がそのままマルチコアでも発揮されるわけではないので、さすがにこれは過去最速というわけにはいきませんでした。

とは言え10万円台前半で買えるAir(8コア版)やPro(廉価版)のスコアが
MacBook Pro 16インチ以上 iMac Pro以下。

つまりこういうこと!
MacBook Pro 16インチ < 新MacBook AiriMac Pro

うわぁぁぁぁぁ!!!欲しい!!

広告

まとめ

ということで 「あくまでも数字の上では」 過去のintelMacを軽く凌駕して来た M1版Mac。

実機が発売されたのちに実際の速度や互換性面なども明らかになってくるとは思われますが、そんなのはどうでもいいんです。

発売前にこれだけワクワクする夢を見させてくれるアップルは久しぶりな気がします(笑)

ファンレスで音もなく動画を処理するコンパクトな高性能マシン!!
これこそ私が夢見ていたノーパソの理想形なのです。

先代のMacBook Airにそれを求めて購入したものの、ブラウザでタブ開きすぎた程度でファンが唸り始める「うるさい子」だったため ハードオフに嫁に出した苦い思い出。

今回のM1版Macはその破れた夢を叶えてくれるのかもしれません
(いや お金ないから買わないけどねw)

コメント

タイトルとURLをコピーしました