iPhone12が発表されたけれど…必要?

2020年10月26日

MacBookやiPad Proを使っていた頃はApple系の動きには敏感に反応しておりましたが、この頃はすっかり緊張感もなくダラダラと受け入れていた状態。

現在使っているApple機材も 第6世代のiPadとiPhone SE(2020)という最先端ではない機種ですからね

昨日も会社に行って雑談をしていたら「そういえば昨日iPhoneの新しいの発表されましたね?」って同僚に言われて気づいたくらいの勢い(笑)

まぁそんな感じですっかり世間に遅れた感がありますが iPhone12シリーズをおさらいしていきます。

広告

iPhone12のラインナップ

ということでなんか今回はラインナップが結構複雑っぽいじゃないっすか?

サイズもグレードも色々あってややこしいんで簡潔にまとめます。

機種名大きさ価格
iPhone12 mini5.4インチ74800円~
iPhone 126.1インチ85800円~
iPhone 12 Pro6.1 インチ106800円~
iPhone 12 Pro Max6.7インチ117800円~

上記の4種類。

mini と 無印12に関しては デュアルカメラ。Pro系はトリプルカメラにLIDERスキャナという構成。

全体的に処理速度があがったりカメラの質があがったりして、価格帯はちょっと下げてきたって感じすね?

iPhone SE(2020)ユーザーとして

私の場合 iPhone 6S→iPhone SE(2020)に乗り換えたパターン。

iPhoneに10万とかないわぁ・・派でしたので 5万円以下で発売されたiPhone SEはまさに渡りに船という感じで購入しました。

それが今年前半の話でして、買って半年でiPhone12が発表され「くっそ~!買ってすぐに新機種発表かよ~~~~!!!」って感情になっているかと言われれば・・・全然なっておりません。

その理由はというと

  • 日常生活で広角、超広角やLIDARスキャナを使う機会が特にない
  • iPhone SEの処理チップは A13 Bionicなので 処理能力は12とたいして変わらない
  • そこらへんの使わない機能と「最新」と言うステータスに 3万円差は感じない

こんな感じ(笑)

ぶっちゃけ カメラで選ぶなら 昨今発売された Pixel4aの方が画質良さそうですし(暴論w

広告

まとめ

ってことでとりあえず今回のiPhoneは見送り。

次に買い換えるタイミングは「5Gで革命的にできることが増えてなおかつ5Gの使用料金が下がったとき」になるんでしょうなぁ。

まぁ・・お高い買い物なんでみなさん慎重に検討してくださいまし♪

広告