Flash Air(Wi-Fi SDカード)で初代DSC-RX100(Sony CyberShot)をWi-Fi化した全手順

つい先日に俗に言う「高画質コンパクトデジカメ」である「Sony Cybershot RX100」を購入いたしました。

現在ではこのRX100もM5まで発売されているものの、初代からの5機種も併売されているという珍しい売り方。

各代で微妙なバージョンアップがなされているものの、その分価格もアップ。

現在最新機種のM5は9万円以上と言う、下手なミラーレス一眼のダブルレンズセット並みの価格になってしまいました。

で!うちの初代RX100(中古で24000円で購入)がM5とどこが違うかと言えば

  1. Wi-Fi機能がない
  2. 可動液晶がない
  3. 裏面照射ナンチャラじゃないので高感度に幾分弱い
  4. 4K動画が撮れない
  5. 連射性能が弱い

このくらいなんですよね。

自撮りや夜景撮りもしないし、動画なんかはフルHDで充分(4K編集重いし)だし、連射とかもしないし。

Wi-FiなんかなくてもUSBで繋げばいいだけじゃんね♪
と思っていたのですが。


スポンサーリンク
目次

有線接続はやはりめんどくさい・・・。

USB端子が多数あるデスクトップPCでカードリーダーが常設してあるとか、SDカードリーダーが搭載されているノートパソコンであれば、そこまで面倒ではないのですが、我が家のメイン機はMacBook Proの2017。

接続端子はUSBのType−Cのみなので、SDカードを読み込むにしても、カメラにUSB接続をするにしても接続用のハブが必要なのです。

おまけにUSB接続端子の開閉とか

SDカードの抜き差しとか

結構華奢な作りなので、あまり頻繁に開閉したいような作りじゃないんですよね(笑)

ということで、Wi-Fi化してRX100 M2並にするためにFlashAirを購入したわけです。

EyeFiとの違い

同じWi-Fi搭載SDカードにはFlashAirの他にEyeFiがあります。

Eyefiカードはどちらかと言えば「カメラで写真を撮ったら、スマホなりPCなりに勝手に転送が開始される」というカード。

FlashAirは「ユーザーが使いたい時にカードにアクセスして転送する」というカードなんですね。

全自動という意味ではEyeFiの方が楽なのですが、失敗写真も容赦なく転送されてしまうので、取捨選択して転送したいような場合は使い勝手が悪いのです。

ということで、今回はFlashAirを購入しました。

量販店は日本向けパッケージだけど高いです

最初はヤマダ電機で買おうと思って見に行ったんですよね。

そしたら・・・16GBで5700円って・・・・。

そこまで出すなら有線で接続するわ〜!!って諦めたのですが、実はネットだと半額で売ってます(笑)

何が違うかと言うと、ネットで売っている製品は

  • 海外向けパッケージの逆輸入品
  • 説明書もパッケージもすべて中国語
  • 製品は日本向けと同一
  • 国内の保証は効きません

となっております。

使い方なんぞは、公式サイトをはじめネット上にいくらでも転がってますので、「パッケージは日本語じゃなきゃいや!!」というコダワリでもない限りはネットでの購入をオススメいたします。

FlashAirの設定手順

今回はMacBookで行いましたが、たぶんWindowsでも同じようなノリだと思います。

WindowsもMacも下記ページに「FlashAir™設定ソフトウェア」というプログラムがありますのでダウンロードしてください。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる